WORKAHOLIC THE SEATING PARTNER

戻る

機能・素材について

ワークチェアを使う方の「体のサイズ」「デスクまわりの環境」「ワークスタイル」に最適化していくために、ワークチェアには、さまざまな調整機能や素材があります。ここでは、それらの機能と素材についてご紹介していきます。

ヘッドレストの調整

ヘッドレストの高さが合わないことは、姿勢が崩れる原因にもなります。また、前後の奥行を合わせることも重要となり、頭が前に押し出されるような違和感が無いことがポイントになります。ヘッドレストは主に休憩用ですが、前方に傾けることで作業時にも使えるチェアなどもあります。作業時にヘッドレストがジャマになったり、休憩のときに席を離れられる場合はヘッドレストを装着しないことも選択肢です。

リクライニング角度の調整

決まった姿勢でも作業できるよう、リクライニングをロックできるタイプと、体の動きに追従させる可動域を設定するタイプの2種類が主なリクライニング調整。寄りかかってもデスクから離れすぎないよう、背もたれと座面が一緒に前に傾くチェアや、リクライニングしてもフィット感を失いにくいなど、チェアによって得意な使い方が異なります。

リクライニングの強度調整

背もたれの反発力を調整することで、体重に合わせて自然にリクライニングするように調整する機能です。リクライニングを固定せずに、可動域を持たせて使う方は不安定にならないよう、体格に合わせた調整が必要です。一般的には、ダイヤル式やレバー式で調整を行います。

腰のサポート調整

腰のサポート機能には、腰椎を支える「ランバーサポート」や、骨盤を支える「ポスチャーフィット」などがあります。それぞれ、上下や奥行などを位置や体への当たり具合を調整して背骨のS字のラインを支えます。背骨の形、筋肉量は人それぞれであり、座っている姿勢の土台となる部分なので重要な機能となります。

アームレストの調整

アームレストは、作業時に使用する事で肩や首にかかる負担を軽減します。休憩用としてだけでなく、作業時に無理なく肘を乗せられると有用性が高まります。チェアによって座面や背もたれのたわみなどが異なるため、サイズ表記のみで初期位置・可動範囲をチェックすると、思うような位置にアームレストが調整できない事があります。デスクに向かって実際に使用してみることが大切です。

キャスター

標準仕様はカーペット用のキャスターが多く、フローリング用では転がりすぎたり、床にキズが付きやすい場合があります。自宅で使う場合は「ソフトキャスター」「ウレタンキャスター」といったオプションパーツの装着ができるチェアもあります。キズ防止の効果は100%ではないので、床にカーペットやチェアマットなどの敷物をすることが最善策です。

座面の奥行調整

座面の奥行き調整は、深く腰掛けたときに背もたれに腰(骨盤)が届くように調整します。座面の先端に、太もも裏やふくらはぎが圧迫されていないかがポイントになります。一般的には、座面をスライドしたり、折りたたむことで調整していきます。チェアによっては調整が付いていなかったり、オプション装備の場合があります。

座面の高さ調整

座面の高さ調整は、デスクの高さに合わせることと、作業がしやすい高さに調整することが最も重要です。足がしっかりと床に着くことを優先してしまうと上半身に負担が大きくなることが多いため、「フットレスト」などの台で足先の高さを最適化することをおすすめします。最適な座面の高さは、座面の素材の厚みやたわむ深さによっても異なってきますので、サイズ表記だけでの判断は難しい要素です。

各種お問い合わせ