WORKAHOLIC THE SEATING PARTNER

戻る

各ブランドについて

それぞれのブランドコンセプトから生まれる個性豊かなワークチェアたち。
ここではWORKAHOLICがセレクトするワークチェアブランドをご紹介します。

  • Ergohuman | エルゴヒューマン

    From
    Taiwan
    Since
    2005年

    世界各国、50以上の国で評価されるエルゴヒューマン。人間工学に基づく機能性を持ちながら、優れた品質とコストパフォーマンスを誇ります。腰への負担軽減にこだわった「独立式ランバーサポート」はエルゴヒューマンを象徴する機能。オットマン内蔵型やタブレットスタンドなど、既存の枠にとらわれない新たな発想でワークチェアを生み出し続けています。

  • HermanMiller | ハーマンミラー

    From
    U.S.A
    Since
    1905年

    ミッドセンチュリー(1940~1960年)のインテリアを代表するブランド、ハーマンミラー。時代を代表するデザイナー達と連携し、革新的なプロダクトを発表し続けています。近年では素材とデザインに人間工学が融合するブランドとして確立。使う人の問題を解決するためのデザインなど、機能面にも定評があります。MoMAニューヨーク近代美術館の永久収蔵品となったアーロンチェアなど、機能美を追求したワークチェアは言わずと知れた代表作です。

  • ITOKI | イトーキ

    From
    Japan
    Since
    1890年

    明治時代から続く日本の老舗ブランド。創業100年を迎え、2000年代より新しいコンセプトの高機能チェアを次々と発表。記憶に新しいところでは、日本独自のデザイン美を持つスピーナチェアが洞爺湖サミットに使用されています。確かな技術力を活かしたディテールがイトーキ独自の美学として評価され、グッドデザイン賞を数々のワークチェアが受賞。女性に焦点を絞ったカシコチェアも新たな試みとして際立っています。

  • Knoll | ノール

    From
    U.S.A
    Since
    1938年

    バルセロナチェアをはじめ、40以上ものMoMA永久収蔵品を送り出し、ハーマンミラーと共にミッドセンチュリーの代表格として知られる世界的ブランド。曲線の美しさやカラーバリエーションの組み合わせが秀逸で、シーンの雰囲気を一変させるデザイン性が特徴です。空間としての美しさ、快適性、座る人の心地よさを兼ね備えるKnollの提案は他と一線を画しています。

  • giroflex | ジロフレックス

    From
    Switzerland
    Since
    1872年

    多くのブランドと異なり、椅子のメーカーとして誕生したジロフレックス。1919年、世界で最初の回転式オフィスチェアを登場させ、1927年にはスプリング回転式チェアを開発するなど現在の椅子の基礎を築きます。エルゴノミクスの第一人者(E.グランジャン)との研究により「正しい椅子」の形状を実現したのもジロフレックスが先駆けで、がっちりとしたアソビのない設計などスイスメイドならではのクオリティーは世界中で愛され続けています。

  • Humanscale | ヒューマンスケール

    From
    U.S.A
    Since
    1983年

    米国5大ブランドの一つとして、エルゴノミクス(人間工学)に特化した製品を展開し、「より快適に、より使いやすく、そしてより美しく」をコンセプトに、そのプロダクトは世界中で愛されています。代表的なチェアのデザインはエルゴノミクスを「人間工学」と定義した故ニール・ディフリエント。人間工学の父と呼ばれる彼がデザインしたワークチェアはシンプルかつ機能的で、簡易な操作と軽量であることが特徴です。

  • KEILHAUER | キールハワー

    From
    Canada
    Since
    1981年

    人間工学に基づくアプローチはもちろん、ユーザーのフィードバックを積極的に取り入れ、「人が気持ちよく座るには?」を追求したプロダクトを提供。波打つような背もたれの形状、体の動きを促すメカニズムは他のブランドにはない特徴が表れています。控えめな中でもデザインが異彩を放つカナダを代表するブランドです。

  • KOKUYO | コクヨ

    From
    Japan
    Since
    1905年

    オフィス、教育施設などで使われる椅子を1960年代から開発。人間工学と現代のワークスタイルに合わせて様々な進化を遂げてきた日本を代表するブランドです。テクノジェルを用いた座面やアームパッド、空気圧を利用したランバーサポート、ワイヤーの柔軟性を活かしたランバーサポートなど、新技術へのチャレンジも見逃せない独自性を発揮しています。

  • LION | ライオン事務器

    From
    Japan
    Since
    1792年

    創業200年以上、江戸時代から続く日本の老舗ブランド。「使う人にとってやさしい」デザインコンセプトは、ユニバーサルデザインや環境性能の高い製品づくりに強く反映されており、点字の操作表示やレバーの色分けなどきめ細かい配慮が見て取れます。アイ・ビートルはライオン事務器のコンセプトを象徴する名作です。

  • Sedus | セダス

    From
    Germany
    Since
    1871年

    ドイツを代表する老舗ブランド。5本脚のキャスターベースを初めて採用し、その後のワークチェアのデザインの基礎を作りました。ドイツらしい質実剛健な設計と無駄の無いシンプルなシルエットが特徴で、自宅やオフィスという枠ではなく、オープンアップ&ワークアシスタントに象徴されるように、新たな刺激や感覚を生み出す特別な空間を提案しています。

  • UCHIDA | ウチダ

    From
    Japan
    Since
    1910年

    1960年代にオフィスコンピューターの普及を図るなど、日本のオフィスの進化に革新をもたらしてきた内田洋行。座る人の快適性と空間の中でチェアに求められるデザインと機能に応じたラインナップが特徴で、ワークシーンに必要なシステム・ツールを空間ごとデザインし、提案するブランドです。

  • Okamura | オカムラ

    From
    Japan
    Since
    1945年

    家具製造から自動車開発などを経て、日本のものづくり、一流の製品をつくる強い思いが残る日本伝統のブランド。2009年には進化の歴史や技術的アプローチを裏付ける「椅子の博物館」を開設し、ブランド哲学の誇りを感じることができます。機能性もさることながら、ジウジアーロデザインのコンテッサやバロンなど、デザイン性の高さも世界的に評価されています。

  • Steelcase | スチールケース

    From
    U.S.A
    Since
    1912年

    世界No.1のシェアを誇るスチールケース。リープチェアに代表されるウレタンクッションの安定感と品質は圧倒的。100年以上の歴史の中で、働く人にとって理想的な環境づくりを進化させてきたトップブランドです。エルゴノミクスをワークスタイルの変化に紐付けて独自に研究リサーチし、ユーザーの求めるニーズに応え続ける理念が誠実な製品づくりに反映されています。

  • Wilkhahn | ウィルクハーン

    From
    Germany
    Since
    1907年

    シンプルで美しいデザインと高い機能性を持つドイツを代表するブランド。洗練されたデザインと質感は憧れを抱く存在感を備えています。一切ねじが表面に見えないチェアの設計など、機能を付け加える中でも美しさを失わないコンセプトが特徴。近年では人間工学に加え、運動学(スポーツ工学)をも取り入れたシンクロメカニズムなど機能面のこだわりが更に魅力を高めています。

各種お問い合わせ